貯水槽清掃

貯水槽清掃・水質検査の義務

貯水槽は水道法(水道法第34条の2・水道法施行規則第55条、第56条)により年1回以上の清掃・水質検査の義務が課せられています

貯水槽

水道法とは?

有効容量10立方メートル以上の貯水槽は「簡易専用水道」に分類されるため、水道法で1年以内ごとに1回の清掃・点検を受ける義務があります。

検査を怠った場合、施設管理会社、施設責任者、オーナーなどに対して100万円以下の罰金に処せられます。

※有効容量10立方メートル以下の貯水槽も条例で定められているルールがあります。

貯水槽清掃(受水槽清掃)は厚生労働省・埼玉県知事の登録を受けた業者が行います

水は大切なライフライン!健康と安全の管理

飲料水の安全
体内に入る水の安全
身体に触れる水の安全
貯水槽(受水槽)の中は意外と汚れています

受水槽

普段、何の疑いもなく水を使用していまずが、貯水槽(受水槽)の中は意外と汚れています。

基本的に貯水槽は密閉されていますが、真空ではないため内部の水は空気に触れています。

そのため、藻や細菌、カビが発生したり、貯水槽内が錆びて赤水が発生することもあります。

また、劣化などによる破損から昆虫の死骸や枯葉などが入っていることもあるのです。

水は最も大切なライフラインです。しっかりとした清掃・点検で安全性を保ち、健康を守ることが重要です。

貯水槽清掃・点検のポイント

貯水槽(内部)

・ 貯水槽の破損(亀裂・ひび割れなど)

・ 貯水槽内部壁面の汚れ

・ 貯水槽内部の異物(枯葉、昆虫など)

・ 劣化などによる光の透過

・ 貯水槽設置場所周辺の衛生管理

 

清掃・点検の一部を例にあげさせていただきましたが、貯水槽の清掃は「水」という人にとってとても重要なものを扱う業務です。普通の清掃とは意味が異なります。

だからこそ厚生労働大臣(知事)の認可による専門的な知識と技術が必要なのです。

貯水槽清掃の注意点

清掃中は水が使えなくなります!(3時間〜6時間)

対象貯水槽に関係する方(住民など)に事前に告知する必要があります。トラブルの原因にも繋がりますので、余裕を持ったの告知が大切です。

念のため断水前にあらかじめ予備の水を汲み置きしておくことをおすすめしています。

貯水槽清掃の目安料金(税別表記)

形式 貯水槽(総容量) 目安料金
圧力式(受水槽のみ) 1t未満 20,000円
1t〜3t未満 30,000円
3t〜10t未満 40,000円
10t〜20t未満 50,000円
20t〜35t未満 60,000円
35t〜500t未満 70,000円
50t〜75t未満 100,000円
75t〜100t未満 120,000円
高架水槽式 10t未満 50,000円
10t〜20t未満 70,000円
20t〜35t未満 80,000円
35t〜50t未満 100,000円
50t〜75t未満 140,000円
75t〜100t未満 160,000円

◆ 上記以外の規格もご依頼いただけますので詳しくはお問い合せ下さい

◆ ご依頼内容・現地状況により料金が異なりますので目安としてご利用ください

◆ 清掃中は断水となります(半日目安)

水質分析検査表(11項目) 8,000円
2槽分割式 50%増
補修及び部品交換 別途費用
基本作業時間 8時30分〜17時00分
上記時間外作業 30%増
県外・遠方 割増し料金有(半径30km以上)
無料お見積り・ご相談はこちらから
電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
株式会社アクアケアアクアケアTOPへ
地域に根付いた水の意プロフェッショナル

Copyright(c) 2016- 株式会社アクアケア All rights reserved. camomaillecamonavi